ブログメニュー

カレンダー

<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最新記事

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

”アルカリイオン水 金城の華”を選んだ理由

2011.08.10 Wednesday

こんにちはおはな、ネットで飲料水「アルカリイオン水 金城の華」を先行販売いたします。カタログ販売は、9月からとなります。

3月11日の大震災があった後、防災用だけでなく、いつでも買えるお水が必要だと考えて、扱うことに決めました。

いろいろお水がある中で、このお水を選んだ理由は4つあります。
安全、安心はもちろん、平常時でもわざわざ取り寄せる価値のあるお水でなければ、扱う意味は無いと思っています。

1)安全性
原水は、豊かな自然が残っている島根県金城町地下300mの花崗岩下で数百年〜数千年の歳月をかけて大自然のフィルターでろ過された地下水です。そのため、不純物がほとんどなく、天然ミネラルそのままに非加熱でお届けすることができます。

2)赤ちゃんに安心して与えられる
軟水でミネラルバランスが良いので、赤ちゃんの体に負担をかけません。
また、純度が高く粉ミルクがよく溶け、粉ミルクのミネラル分を変化させることはありません。
※硬度が高いミネラルウオーターは、粉ミルクの栄養バランスを崩すことがあります。また、マグネシウムが高い水は、腎臓機能が未熟な赤ちゃんには負担がかかります。

3)大自然がつくったアルカリイオン天然水
人間の血液や体液は弱アルカリ性ですが、身体が疲れると代謝がまわらなくなり、酸性に傾きます。そのような時は、アルカリ性(Ph7以上)の水を飲むと代謝が活発になります。
※金城の水は、理想的なPh8.2〜8.4です。

4)”おいしい”こと
いくら身体に良いといわれても、美味しくなければ飲み続けるのはむずかしいものです。この水は、2011年度モンドセレクション最高金賞受賞し、まろやかで甘みが感じられる飲みやすいお水です。
※モンドセレクションとは、「食のノーベル賞」「食のオリンピック」に例えられる国際的な品評機関です





放射能の問題が出てくるまでは、飲料水は、水道水で十分と思っていました。というのは、7年ほど前に東京の浄水場を取材をしたことがあり、安全で美味しい水を提供するために、活性炭を入れるなどさまざまな努力をしていて、安心していたからです。「東京の水は、安全で美味しいのだから、わざわざお金を出してミネラルウオーターを買うことはないんですよ」と職員の方は、笑顔で案内してくれたことを思い出します。



生活クラブは、40年以上前から作る人、食べる人、届ける人が三位一体となって、食の安全と自給率を守るために努力してきました。そうやって長い時間をかけて守ってきたものが、一瞬にして脅かされている今回の原発問題について、真剣に取り組んでいこうと考えています。









全[1]ページ中[1]ページ目