ブログメニュー

カレンダー

<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最新記事

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

髪と頭皮が喜ぶシャンプー

2011.12.11 Sunday

ハナです。

女性は、年齢や、病気や、出産や、ストレス、ホルモンの影響等で、髪の毛が尋常じゃない抜け方をすることがあります。
そんな大事ではなくても、毎年、夏が過ぎて涼風がたつ頃から、抜け毛が増えます。夏の強い日差しから、必死に頭皮を守り、持ちこたえてきた髪の毛が、「もうだめ!」とばかりに抜けていく・・わたしだけ?
生え主?より、ずっと敏感で、環境や、貴怒哀楽、ストレスに反応する“髪?は大事にしないと。

髪に優しい「せっけんシャンプー」を使いましょうよ!
「せっけんシャンプーって、きしんだり、パサついたりして使いにくい・・・・」
ですって?ウイルケアシャンプーとリンスをお試し下さい!


「洗ったー!」と感じる、さっぱりした使用感で、ファンが増えています。

市販のシャンプーの大半は「合成シャンプー」
“植物成分配合?”弱酸性?とうたっていても、合成界面活性剤の作用で汚れを落とす合成シャンプーです。合成界面活性剤は、自然界での生分解性が低く、脂肪を落とす力が強くて、髪や頭皮を刺激します。最近では、低刺激のものも売られるようになりましたが、使われている成分が非常に多いうえ、容器に記載されている名称からは、どんな合成界面活性剤なのか、専門家でなければ見分けがつきません。

せっけんシャンプーは、ナチュラルで、シンプルで、とってもピュア
食用ヤシ油などの天然油脂を、アルカリ剤で中和させて作るのがせっけんシャンプー。せっけん特有の、「さっぱりした洗い心地と使用感」に加えて、「髪を健康に保つ」「頭皮を傷めない」「環境に負荷を与えない」と、いいことずくめ。合成界面活性剤や保存料・防腐剤は一切使っていません。

ビギナーにも使いやすい「ウイルケアシャンプーとリンス」
「市販のシャンプーに慣れた若者たちに、せっけんシャンプーを使ってほしい」と、作られたのが「ウイルケア」シャンプーとリンス。シャンプー成分には、肌に優しいと言われる「パーム核油」と高純度の「オレイン酸」を配合し、毛根のダメージを緩和する「クエン酸」を多目に、アルカリ度は抑えています。必要以上に皮脂を洗い流さないので、キューティクルを傷めません。髪のしなやかさを保ち、トリートメント効果の高いリンスで仕上げれば、キシキシ感もなく、指通りはなめらか。天然ハーブの香りが残ります。

(写真左から)ウィルケアシャンプー、同詰替用、ウィルケアリンス、同詰替用、ウィルケア専用ボトル
せっけんシャンプーのショップカートへはこちらから

(使い方)
?シャンプー前に、軽くブラッシングしてもつれを取り、頭皮や髪の汚れを落としておきます。
?お湯で予洗いします。かなりの汚れが取れます。
?シャンプーを少しずつ手に取り生え際に付けてから、頭頂に向かって指の腹でマッサージするように泡だてながら洗います。汚れがひどい時や、泡立たないときは2度洗いします。洗い終えたら丁寧に流しながらすすぎます。
?リンスをします。リンスをすることで、弱アルカリ性に傾いた髪を中和し、きしんだりゴワついたりするのを防ぎます。リンスの後は、ぬるま湯で良くすすぎます。
?ドライヤーは低温で。高温だと髪の蛋白質が熱変して、キューティクルを壊します。

ゆっくり、じっくり、健康な髪へ(ビギナーさんへのAdvice)
「せっけんシャンプー」に切り替えたあと、髪がガサついたり、フケがでたりする事があります。これは、合成シャンプーで髪が荒れているせいと考えられます。髪の状態を見ながら、しばらくはシャンプーを薄めて使ったりして、慣れていきましょう。
細かった髪が太くなって増えた感じがしてきたら、回復の兆し。短い髪ならば、立ち上がりがしっかりしてきます
また、一般のシャンプーに使われているコーティング剤が残っているとうまく泡立ちません。2〜3ヶ月でコーティング剤が取れ、泡立つようになります。

ご購入はこちらから

全[1]ページ中[1]ページ目